フランキー・マシーンの冬 下(ドン・ウィンズロウ) 2011.01.22 15:22


フランキー・マシーンの冬 下 (角川文庫)

フランキーが命を狙われていたのは、昔々にリムジンの運転手をした何気ない一日がきっかけになっていました。

フランキー自身も気づいてないことを、当時接点のあった人が過去を消し去りたくてフランキーを狙いました。

接点のなさそうなところがつながって、誰も気づいていなかった秘密が明らかになって、謎が解けていきます。

過去の回想シーンは面白いんだけど、現在進行中の状況がわかりにくいです。飛躍しすぎじゃないでしょうか。

エンディングは、「そして誰もいなくなったと」いうパターンかと思うと、どんでん返しがありました。

「振り出しに戻る」というパターンとでも言うのがいいかもしれません。

いかにもハードボイルドという言い回しがないとハードボイルド小説にならないんでしょうけど、この言い回しが読んでてちょっとしんどいです。

面白いだけに残念。

読みたい本 Posted by .(JavaScript must be enabled to view this email address)
次の記事:Doing List

最近の記事

ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】