?????????? 2008.02.12 08:31

著者がこれまでに雑誌に出して、今後単行本にする予定のない論文やエッセーを集めた本。発表当時の原稿に加筆して改題したものも多い。

初出は、週刊朝日などメジャーなところから、初めて聞く名前の雑誌も多数あった。

章によって読みやすいところと、読みにくいところの差が大きかった。これは、掲載する雑誌によって著者が読者層を想定して、前提の説明が不要など読者層の雑誌に掲載する場合には、いきなり本論の深いところに入って、さらに深いところに話が進んでいるからであろう。

書き下ろしの章は読みやすかった。

「絶対的なものはある。ただし、それは複数ある。」
という言葉が印象深かった。

読んだ本 Posted by .(JavaScript must be enabled to view this email address)

最近の記事

ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】